空港

ニュージーランドへの食品持込みは本当に厳しい?マヨネーズや醤油もダメ?

投稿日:

ニュージーランドへの食品の持込みはとても厳しいと聞きますよね。

でも果たしてどのくらい厳しいのか、実際に検疫を経験してみないと具体的に何を基準にダメかOKなのか想像しにくいと思うんです。

私は日本に里帰りすると、結構な量の食品を買ってニュージーランドに持って帰ります。

ともするとスーツケースの半分と、大きなスポーツバッグが全部食料ということで、そうなると量が多くてひっかかります。

なので入国のたびに検査官に止められバッグを開けられ、調べられているのですが

今まで没収されたことは一度もなく無事入国できていますし、税金でお金がかかったこともありません。

そんな経験から、今回はこれからニュージーランドに行きたい人のために、どんな食べ物が今まで大丈夫だったかご紹介しようと思います。

ニュージーランドに食品を持ち込むときの参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ニュージーランドへの食品の持込みは本当に厳しい?

はい、厳しいですね。

でもダメだと思ってたのに案外OKな食品もあります。

だから、もしどうしても持っていきたい食品で持ち込みできるかできないか自分では判断できない場合、ダメもとで持ってきてしまうのも手です。

もちろん食品を持っていることは申告しなくてはいけません

でも検査官に見せれば持ち込み大丈夫かどうかは判断してくれますし、持ち込みダメな場合には廃棄のため没収されることになりますが、それ以上のことはなく処罰を受けるようなことにもなりません。

ただやっぱり検疫でひっかかるのはちょっと怖いですよネ。

ニュージーランドの検疫に関するホームページには

生野菜、フルーツ、肉、魚、はちみつ、はちみつ製品は通常の場合持込みができない。

その他に卵、乳製品、乾燥きのこ類、食用のタネ類、ナッツ、スパイス、ハーブ、ポップコーン(のコーン)、調理済み野菜などの食品は量がどんなに少なくても必ず申告し、検疫官が持ち込み出来ないと判断した場合はどんな状況であっても指示に従わなくてはいけない。

多くの食品はニュージーランドに持ち込めるけれど、どんなに小さくてもどんな材料であっても食品を持っていることを申告しなくてはいけない。

ということが明記されていますし、万が一食品を持っていることを隠して入国しようとして見つかった場合は、罰金がかかるということもきちんとかかれています。

でもニュージーランドの入国は正直に申告さえすれば必要以上に心配する必要はありません。

もちろん家からりんごやバナナを持ってきたというのは絶対ダメですし、朝食用にと小分けパックになったはちみつを持ってくるのもNGですので気をつけましょう。

検疫の手順

飛行機の中で「入国カード」を配られます。

食品がある場合は「食品は持っていますか?」という質問で必ずYESに印をつけてください。

飛行機が到着したあと入国審査を通り、無事パスポートに入国スタンプをもらったら

ターンテーブルで預けた荷物を受け取ります。

検疫があるのはそのあとです。

検疫は3段階になっています。

最初の検疫官に入国カードを渡し、食品がYESですので「何の食品なのか」ということを聞かれます。

クッキー、チョコレート、飴玉程度のものであれば、そのまま全荷物をX線に通すレーンに行くように指示されることが多いです。

量が多かったり、品目が多かったり、上手に説明できなくて検査官に怪しいと思わせてしまったときは、別のレーンに並ぶように指示されます。バッグをぜんぶ開けられて調べられる人の列です。

つまり、食料品を持っているのにウソをついて「持っていない」でNOと入国カードに書いたとしても、最後のX線は免れませんし、検査官はどうやら態度や表情、で分かるらしんですよ。

万が一りんごやバナナ、パンや機内から持ってきたチーズなんかがバッグにちょこっと入っていたら、ここで見つかって恥ずかしい思いをした上、数百ドルの罰金を取られるハメになりかねません。

実際に日本人ではありませんが、このX線でバレてしまった人を何度もみていますので、くれぐれも正直に申告することが大切です。

スポンサードリンク

ニュージーランドへマヨネーズの持ち込みは大丈夫?

日本のあのキューピーマヨネーズは普通にニュージーランドのスーパーで売っています。ですがうちでは日本でまとめ買いしています。

卵がダメという基準から卵を使っているマヨネーズも持ち込めないと思い込んでいる方もいらっしゃるかも知れませんが

検査官も私のスーツケースに入ったキューピーマヨネーズは毎回見ますが、スルーです。

ニュージーランドに醤油は持込みできる?

醤油、みりん、料理用日本酒、穀物酢なども問題なく持ち込めました。

液体をわざわざ重い思いをしてまで持ち込む人はそうそういないと思いますがw、大丈夫ですよ。

ただし私は小分けにして持ってきたことがないので分からないのですが、

開封してあるもの

は、もしかしたら色々質問されてしまう可能性はありますし、醤油ももしかしたらNGになる可能性はあります。

どうしても旅行中醤油が欲しいというときには、小さなサイズのボトルを未開封で持ってくるのがおすすめです。

食料を持ち込むときのルール

卵製品がダメなのになぜマヨネーズは大丈夫なの?

醤油製品でも開封してあったらダメなの?

いろいろ突っ込みどころが満載なニュージーランドの食品持込みですが、すべては検疫官の判断です。

検疫官は、通過する私たちの表情や態度をよーく見ています。ちょっとでも怪しいと思ったら「ちょっとバッグ開けて見せて」となります。

普通は何も怪しいものを持っていませんから、堂々と検疫官の指示に従えば大丈夫ですよ。

ニュージーランドの検疫関係のホームページには、たいがいOKの出る食品の基準がかかれています

○工場生産されて商品パッケージに入っているもの

○常温で置いておいても4ヶ月以上食べられるもの

○未開封のもの

https://mpi.govt.nz/travel-and-recreation/arriving-in-new-zealand/bringing-food-for-personal-use/

では最後に、私がいままで持ち帰ってきて問題でなかったものをリストにしてみました。

検査官がたまたま見逃していたという場合もありますので、絶対に持ち込める保証はできませんが、上記の3つの基準にはあてはまるものばかりですので、ほぼ大丈夫ではないかと思います。

きなこ
コンソメ
だしの素
ウェイパー
乾燥わかめ
だし昆布
お麩
片栗粉
パン粉
カレールー
シチューのルー
めんたい(たらこ)スパゲティソース
(できあがった)餡子
白玉粉
七味唐辛子
切り餅
菓子類(せんべい、クッキー、和菓子(長期保存可能なもの)、ピーナツ入りの柿の種、オールレーズン、かりんとうなど)

また海には国境がありませんので、川のお魚はNGですが、海のお魚であればなんと生のまま持ち込めるそうです。

スポンサードリンク

まとめ

今回はニュージーランドに食品を持ち込むときの基準や注意点を体験談をもとにお伝えしました。

不必要に恐れることはなく、たいがいのものは持ち込めますが、「生」ものは海の魚以外NGになることがほとんどですので、持っていかないようにしたほうがよいですね。

-空港
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした