旅行

海外旅行の飛行機に液体を機内持ち込みする方法!袋の種類や容器は?

投稿日:2017年6月26日 更新日:

こんにちは!ニュージーランドからお届けするひつじのブログです。

今日は、海外にいくとき化粧品とかヘアスプレーとか、いろいろな液体を持っていくときのルールを確認したいと思います。

旅行の荷物には、大きなスーツケースなどの「受託手荷物」と、「機内持ち込み手荷物」とありますよね。

液体の持ち込みルールが細かいのは、「機内持ち込み手荷物」のほうです。

私は根が小心者なので、保安検査所を通ったことのある回数は一般の人より多いはずなのに、いまだに緊張しちゃうんです。

だから、液体の持ち込みもうっかり何か余計なものをかばんに入れたりしないようにいつも気をつけてます。

で、ふと思ったんですよ。。。。

液体の機内持ち込みのルールって、海外旅行が久しぶりな人とか初めての人には、結構高いハードルなんじゃないかって。

どうですか?ちょっと不安じゃありませんか?

というわけで、今日は、飛行機の液体の持ち込み規則を、なるべく分かりやすく説明しますので

海外旅行の準備で不安な人にはとくに読んでもらいたいなぁ・・・と思います。

スポンサードリンク

海外旅行で飛行機にのるときの液体持ち込み方法

貴重品とか機内で使いたいものは自分で座席まで持ち込みますよね。

今回お伝えするのは、その荷物のなかに、液体を持って行くときの方法です。

液体を飛行機に自分で持ち込みたい場合、保安検査場でどんな液体物なのか見せなくてはいけません。

保安検査は、空港でチェックインが終わった後、最初に通る検査のことです。

荷物をぜんぶベルトコンベアに乗せ、X線検査に通さなくてはいけません。

人間もゲートのような金属探知機をくぐります。

そのとき、液体だけは他のものと別にしてトレイに乗せて、検査官が目で確認できるようにしておくのです。

その際、液体は、容量や袋への入れ方に決まりがあります。

 

例えば容量ですが、

化粧水、乳液、美容液の3種類を持って行きたいとしますよね。

そうすると、

化粧水が100ml以下

乳液が100ml以下

美容液が100ml以下

といった具合に、ひとつひとつのアイテムが100ml以下でなくてはいけません。

これは合計して100mlではなく、アイテムひとつについて100mlですから、普通のお化粧品はひととおりちゃんと持っていけるということですので、安心してください。

かといって100ml以下だったら何本でもいいのか?ということでもなくて、

ボトルや容器が、決められた大きさの袋に収まりきる ということも条件です。

では、その辺をもっと詳しくみていきますね。


スポンサードリンク

機内持ち込みか受託手荷物か仕分けしましょう!

頭がごちゃごちゃしていたら、まずは何を飛行機のなかで使いたいのか選びましょう。

1.機内持ち込みするか、スーツケースに入れて預けるかを決める

まず最初に、a.機内に持って行きたいものと、b.現地に到着するまでは使わないもの
に仕分けしてください。

例えば、飛行機でシャンプーやリンス、洗剤なんかはいりませんよねw。

しょうゆとかもって行く人も、飛行機に乗っている間はいらないでしょう。

つまり現地では必要だけど、飛行機に乗っている間は使わないというものはぜんぶ大きなスーツケースの方にいれてください。

あ、ライターは別ですよ。ライターは大きなスーツケースに入れてはダメです。

それから液体でもブリーチとか農薬とか飛行機にそもそも載せられないものもありますから、何か現地の人に頼まれているとかだったら、確認したほうがいいですよ。

で。

2.ボトルの容量を確認する

機内に持って行きたいものが決まったら、それぞれのボトルや容器の大きさを確認しましょう。

化粧水とかは容量が「ml」で書かれていますよね。

100ml以下の小さいものだったらそのままでOKです。

100mlを超える場合は、その容器のままではダメです。

小さな容器に使う分だけ移し変えてください。

100mlぴったりの容器だったら、そのままで大丈夫です。

美容クリームや歯磨き粉は、厳密には液体じゃないですが、飛行機に乗るときには液体としてみなされます。

容器が100gを超えるときはそのままではダメです。小さな容器に少量移しておいてください。

歯磨き粉はチューブのどこかに何グラムか書いてあります。

絞りだして残り少なくなったチューブでも、チューブそのものの容量が100gを超えるものだと持ち込めませんから、旅行サイズのものをもって行きましょう。

化粧ミストやヘアスプレーなど、スプレー缶も持ち込めますが、同じように100ml以下でないといけません。

機内で使いたい場合には、携帯サイズのものを持っていきましょう。

コンタクトレンズの洗浄液も同様です。旅行用サイズのものを用意しておいてください。

100ml(100g)ぴったりかそれ以下はOK

101ml(101g)以上はだめ

3.上のように用意したものはすべて透明の袋にいれなくてはいけません。

袋の大きさも決められていて20cmx20cmにほぼ近い袋を探してください。あまりに大きいものはNGです。

だから、たくさんのものは入りませんよね。

化粧品とか、機内に持って行きたいものが多い人は、なるべく小さな詰め替え用容器に機内で使う分だけ移し替えて、元のボトルは預けるほうの荷物に入れましょう。

 

スポンサードリンク

機内持ち込みの液体を入れる袋の種類は?100均のでもいい?

さて・・・液体物を入れる袋なのですが、どんなものがいいのか詳しく説明しますね。

機内に持ち込みたい液体を入れる袋は、スーパーで買っても、100均で買っても、メーカーはどこでもかまいません。

大きさは、20cmx20cm前後のもの。

正方形でなくても大丈夫です。おおよその大きさが20cm前後であればOKということです。

ジップロックだとMサイズがちょうどよいでしょう。

そして口がチャックで閉まるものでなくてはいけません。

20cmx20cmの大きさの袋は別名1リッター袋とも言われますが、それに近い大きさだったとしても、コスメポーチやトラベルポーチには入れないように。

あくまで「袋」です。

マチはないものが望ましいですが、マチがあっても機内持ち込み用の1リッター袋として販売されているものならOKです。

袋にロゴや柄が多少あっても、片面が無地透明であるなど、検査官が見て中身を確認できるものあれば、私の経験上問題なく通れています。

機内持ち込みの液体を入れる袋は・・・

メーカーは問わない

マチはないものを推奨。ある場合は機内持ち込み用として売られているものを。

口がチャックで閉まるタイプのもの

大きさは20cmx20cmに極力近いもの

ちなみに万が一ビニール袋を持っていくのを忘れたら、空港内のコンビニやドラッグストア、無印良品などにも置いてありますから安心してくださいね。

 

機内持ち込みの液体をいれる容器は透明でないとダメ?

容器類は透明でなくても大丈夫です。

例えば携帯サイズのヘアスプレーとか、旅行サイズの歯磨き粉は透明の容器に入っていませんが、それらも容量が100ml以下だったら大丈夫です。

なので、例えば大きな容器から小さいトラベルサイズの容器に移し替えるときに、100円ショップで売っているもので、蓋に色がついていたりするものでも問題ありません。

それから、化粧品などのサンプルも持ち込み可能です。

広告

まとめ

機内持ち込みする液体物について、基本のルールと、それを入れる袋や容器についてお伝えしましたが、だいたいどんな感じかイメージがつかめたらうれしいです。

-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

国際線の機内の寒さ対策 飛行機の手荷物に入れるオススメは?

「国際線の機内って寒いのかな?」と疑問に思いませんか? はじめての長距離フライトだと様子が分からなくて荷物を準備するときに迷います。 実は機内って寒いときがあるんです。それもかなり。^^; なので旅行 …

機内持ち込みで液体物とされる化粧品は?ファンデーションや口紅は?

こんにちは! ひつじです。 突然ですが・・・・・ 国際線に液体を持ち込むときのルールってけっこうややこしいですよね・・・ 前回このような記事を書いてみて実感しました^^; なかでも化粧品って結構細かく …

スーツケースの機内持ち込みサイズ 国際線と国内線で注意すべきこととは?

こんにちは。 南半球ニュージーランドからお届けするひつじのブログです♪ 日本では行楽シーズンを控えて旅行の準備をいそいそと始めている方も多いのではないでしょうか。 お久しぶりな海外旅行だったりすると、 …

機内持ち込みでスプレーの日焼け止めや虫除けは?預け荷物で国際線の場合は?

海外旅行に行くときの荷物には、普段使っているもののほかに、現地ならではの必需品もありますよね。 例えばニュージーランドへ旅行するときには、「日焼け止め」と「虫除け」は必需品です。 これらはハワイやグア …

成田空港ANAラウンジの場所は?シャワーや食事などをレポート!

成田空港第1ターミナルにあるANAラウンジ。 出発前にお腹を満たしたり、シャワーをあびてさっぱりしたりと、利用できるととても便利です。 今回は、そのANAラウンジについてレポートします。今度利用する予 …