ニュージーランドで運転

ニュージーランドのラウンドアバウトを運転するコツと進入のタイミング

投稿日:

引き続き、ニュージーランドのラウンドアバウトでの運転のコツをお伝えします。

前回は基本的なラウンドアバウトの交通ルールをお話しましたが、まだ読んでいなかったら、戻って先に読んでおいてくださいね^^

<<前回の記事を読む

さて今日は、ラウンドアバウトで日本人が口をそろえて怖いという、進入のタイミングです。

空いているときはさほど心配する必要がないのですが、渋滞しているときはかなり大変です。

ラウンドアバウトの基本ルールは右優先でしたね?

自分より右側に幹線道路やバイパスあるような場合、右から来る車の流れがぜんぜん途切れないということもあります。

また小さなラウンドアバウトで交通量が多くても同じ問題が起きます。

渋滞したラウンドアバウトで右側から車が途切れなく来るときには、どうやって進入したらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

ニュージーランドのラウンドアバウト 運転するコツと進入のタイミング

 

右側から来る車ではなく、前方の車に注目

ハミルトンで、渋滞のときに進入がとても大変な、上記のようなラウンドアバウトが実際にあります。

で。。。。あなたは今Cの右車線の一番前で、アクセルを踏むタイミングをなかなかつかめません。

あなたが行きたいのはAの道です。

A道路もB道路も交通量が多いため、ラウンドアバウトへ次々と車が入ってCDEの道路に向かって爆走しています。


スクロールで見えなくなるので、同じ図を載せています

そこであなたが進入するタイミングですが、Eからの車がCに入るときに起こります。

E左車線の車が直進しているときは

AからもBからも車が出てこられないからです。

このときあなたから見て「右からの」車が一斉に止まる瞬間が訪れます。

特にB道路はEからの車が完全に通り過ぎてCの道路に入るまで、一時停止を余儀なくされています。

この瞬間、いままで右側からばんばん来ていた車が一瞬だけ来なくなるのです。

ほんの一瞬です。見逃したらまた落ち着いて次のチャンスを待つことになります。

E右車線から同じようにC道路へ入る車もBの車を止めますが、内側の車線にいる車は右折してDに入る可能性もあって見極めが難しいのです。

例によってウインカーを信じてはいけませんから、ドライバーの顔が完全にCに向いているとか、あとは車がC方向に完全に向かっているときがチャンスです。

ただこの、Cへ入る車が通り過ぎるやいなやBから車が飛び出してくることがあるので、Bの車の動きも合わせてよく見るようにしましょう。


スポンサードリンク

左車線にいるときは右側の車を盾にする

かわって、あなたがC道路の左車線から、DEへ行きたいときに、同じC道路の右車線にも車があるとします。

右車線に自分より車高が高い車や、トラック、バスがいると、ラウンドアバウトの様子がまったく見えないことが多々あり、

そんな時は、右側の車の発進に合わせて、一緒にラウンドアバウト入ってしまうんです。

右側の車が盾になってくれるので、とても楽チンです。

右側の車より前に出たり遅れたりしないよう、ペースを合わせてくださいね。

もし一緒に発進した車がEで出口が一緒の場合は、相手の動きを見ながら譲り合ってください。

一方Cの右車線に誰もいない場合ですが、上記で説明したEからの車がCへ入るタイミングでもいいですし、

ラウンドアバウトをぐるっと周ってくるEAの車が視界に入ってくるやいなやのタイミングでも出られることが多いです。

スポンサードリンク

まとめ

旅行で大きな都市を通り抜ける場合以外は、それほど心配はいりません。

小さいラウンドアバウトも、前頁で説明したように何度か運転すれば、すぐに慣れてしまうものです。

慌てて飛び出して事故を起こすより、クラクションを後ろから鳴らされてもいいから、「安全」と思えるまで発進しない。

ということがもっとも大切だと思います!

<<前の記事を読む

>>ニュージーランドで運転するときの注意(暗黙の100キロルールとは?)

-ニュージーランドで運転
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニュージーランドで運転するときの注意(暗黙の100キロルールとは!?)

こんにちは!ニュージーランドハミルトンからお届けするひつじのブログです。 さて今日は、いまから観光シーズンを迎えるニュージーランドでレンタカーを借りて旅しようと考えている勇者さんたちのための記事です。 …

ニュージーランドのラウンドアバウトの運転はここに注意!

こんにちは!ニュージーランドのハミルトンからお届けしているひつじのブログです。 前回はニュージーランドの「100キロルール(勝手に命名)」についてお話しましたが、もう読んでいただけたでしょうか? >> …