海外の習慣

ハロウィンの定番料理として本場アイルランドで作られる2つの料理とは?

投稿日:

10月のハロウィンは日本では本当に季節の行事として定着しましたよね。

久しぶりにその時期日本にいくと、店頭がハロウィン一色でびっくりしてしまいます。

大きなかぼちゃのおばけとか、魔女だとか・・・・そんなのもアメリカが本場と思いきや、実はもともとアイルランドを中心としたヨーロッパが発祥なのだそうですね。

そんな話を読んで、主婦としてはハロウィンにちなんだ料理がアイルランドにはあるのか気になって、調べてみました。

アイルランドでもかぼちゃ料理が食べられているのでしょうか?

スポンサードリンク

ハロウィンの定番料理ってあるの?

毎年、曜日に関係なく「ハロウィン」は10月31日です。

もともとハロウィンはアイルランド地方に古代ヨーロッパから移住してきた「ケルト人」という民族のお祭りで、この世とあの世の境目が薄くなるこの時期、地上にさまよいでてくる幽霊や魂を追い払うために盛大な宴を催したのがはじまりなのだとか。

そこになぜかぼちゃが?となるのですが、もともとケルト人のお祭りでは、「カブ」が使われていたそうですよ。

アイルランド人がアメリカ大陸に移住をしたときにその習慣を持ち込んだのですが、アメリカ大陸ではかぶよりかぼちゃのほうがよく育つため、かぼちゃが使われるようになったそうです。

ハロウィンではジャックオーランタンというかぼちゃをくりぬいて提灯にしますが、もともとはカブのランタンだったんですって^^;

そのような話から、ハロウィンの定番料理って「カブ」でも使うのかと思ったら、実はそんなことはなくて、まったく別物だということが分かりました。

もちろんかぼちゃでもありません。


スポンサードリンク

ハロウィンで作られるアイルランド料理とは?

ハロウィンで作られるアイルランドの料理は代表的なものが2つあります。
Barmbrack(バーンブラック)と呼ばれるものと、Colcannon(コルカノン)というお料理です。

実はうちの夫もアイルランド系が少し入っているそうなのですが、まったく知らないそうで^^;本当にどの家庭でも必ず作るものなのかは分からないのですが、

現地アイルランドの新聞で「美味しいレシピはこれ」みたいな記事もありましたので、ニュージーでいえば、クリスマスハムとか、パブロバとかそのような位置づけなんじゃないかと勝手に想像しています。

 

ハロウィン バーンブラック

その一つがBarmbrack(バーンブラック)というもので、パンとケーキの中間のようなもので、中にいろいろな「物」を入れて焼くのが伝統です。

フォーチューンクッキーとかくじ引きとかそのような感覚で、その中身を引き当てた人はラッキー、またはアンラッキーとなるそうですよ。

入れるアイテムにはそれぞれ意味があって、縁起担ぎのようなものなのでしょうかね。

指輪→1年以内に結婚

杖(のミニチュアなのかな?)→将来旅に出る

裁縫の指ぬき→一生独身(女性)

洋服のボタン→一生独身(男性)

コイン→金運

布着れ→一生貧困(!!!)

画像検索で見ると、どうやらフルーツケーキのような感じですが↓

作り方を調べると、ケーキ風の作り方と、二次発酵までさせるパンのような作り方といろいろです。

クックパッドにもひとつありましたので、リンクを貼っておきますので興味のある人はチャレンジされてみてはいかががでしょうか。
Cpicon ★バーンブラック★ by Einy

もう一つの料理は、アイルランドの「お袋の味」のような存在らしいです。
 

ハロウィン コルカノン

伝統的にアイルランドでは「コルカノン」という料理を美味しく作れることが結婚できる条件なのだとか。

日本でいう、美味しい味噌汁が作れること・・・のようなもので、何となく似ていますよね。

コルカノンというのは、いわばマッシュポテトのアレンジ版。

うちの夫もイギリス、スコットランド、アイルランドの血を少しずつ受け継いでいますが、育ったときに、日本人が毎日食べるお米のように、彼は毎日マッシュポテトを食べていたそうです。

なのであちらのお国ではじゃがいもがいわゆる「ソウルフード」。

コルカノンが美味しい奥さんと結婚したい、となるのもこうした背景があるからかも知れません。

やはりこちらのお料理にも、最後に指輪だとか指ぬきだとかを入れるそうで、この時期アイルランドで料理を出されたら、歯が欠けないように注意しないといけないな、と思いましたw。

こちらのお料理も探したらクックパッドにいくつかレシピが乗っていました!

どうやら通常のマッシュポテトに千切りにして茹でたキャベツを入れるところがポイントのようです。ケールやリークを入れているレシピもありますが、キャベツを入れるレシピをひとつ紹介しておきますので、

もし次回マッシュポテトを作る機会があったら、是非やってみてくださいね。

(うちのはそんなの入れたら邪道だ!と食べないような気がするので作りませんが・・・・マッシュポテトはあくまでイギリス式なのです>我が家)

Cpicon コルカノン by MERCATO赤坂

スポンサードリンク

まとめ

ハロウィンにはかぼちゃプリンとかかぼちゃ料理と考えがちですが、所変わればで、伝統料理も変わるものですよね。

ちなみにニュージーランドは日本ほどハロウィンが浸透しておらず、ハロウィングッズも日本のようにはたくさん販売されていないんですよ。

トリックオアトリートもやる地域はやるんでしょうが、うちの近所では子供たちがお菓子をねだりにくるのは皆無なので、まったく用意していませんw。

ということで今年も我が家では何も計画していませんが、もしハロウィンパーティーをやるのでしたら、伝統にのっとって上記のお料理を作ってみるというのも面白いかも知れませんね。

-海外の習慣
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした