お土産

ニュージーランドのお土産にチョコレートでおすすめは?スーパーのお菓子でその他は?

投稿日:

 

ニュージーランドのスーパーで筆者が実際に買って気に入ったお土産シリーズの第二段はチョコレートです。

第一弾はこちら おすすめクッキー

値段も安くてばら撒き用のパッケージも出ていて、自分や家族で食べるのもおすすめはこれ!的なものを紹介します。

スポンサードリンク

ニュージーランドのお土産でチョコレートで美味しいのはどれ?

ニュージーランド人はチョコレートも大好きなので、チョコレート売り場がどのスーパーでもかなり大きいです。

入ってみてびっくりする人もいるのではないでしょうか。

その中でも、

○ニュージーランド人に愛され、

○ニュージーランドでしか製造されていないチョコレートで

○入手しやすいのは

ウィッタカーズ Whittaker’sです。

ウイッタカーズのチョコレートはどの種類もニュージーランド国内ですべて製造されているんです。

一方「キャドバリー」というチョコレートもニュージーランドではとても一般的で、

スーパーではこの2大チョコレート会社が大きな売り場を占めています。

あたかも勢力争いをしているかのようですが(実際にしていますね・・・きっと)

キャドバリーはニュージーランドでなくても買えるという点。日本にも何種類か輸入されています。

それから食べ比べてみると「油っぽい」という印象を個人的に持っているため、私がチョコレートを買うなら絶対にウィッタカーズなんです。

これ以外にも、輸入チョコレートも置いてあり、例えばスイスのLindt(リンツ)や、イタリアのフェレロ・ロシェなどもちゃんと売ってますが、せっかくニュージーランドに来たんだったら、ニュージーランド産のものがいいですよね。

さて

Whittaker’sのチョコレートにはたくさんの種類が出ているので、どれがいいのか分かりませんよね。

ということで、私の選んだウィッタカーズチョコレートベスト3をまとめてみました。

好みもあるので「勧められて買ったけどまずかった」というクレームはなしでお願いしますw。


ウィッタカーズチョコレート第3位

とても珍しい味の組み合わせのチョコレートなので、「好き」か「嫌い」にはっきりと2分されるL&P味。


写真はブロックタイプですが個別包装されていてバラ撒きようにおすすめなパッケージもあります。

L&Pと言われても日本人には何のことやら・・なんですが、ニュージーランドでL&Pといえば、これ。

レモネードのブランドで、L&Pは、「レモン&パエロア」の略です。

パエロアはニュージーランドの北島にある地名で、このレモネードの発祥です。

L&Pはニュージーランド人にとって、いわば日本人にとってインスタントラーメンで「チャルメラ」、チョコレートで「チロルチョコ」のような存在。

レモネードといえばL&Pというくらい、浸透しているブランドです。

それがホワイトチョコレートと合体したのがこの商品。

味は、レモン味のホワイトチョコレートがパチパチ口の中ではじけるというもの。

食べてみたい!と思った人は是非スーパーで見つけてみてくださいね。

ブロックタイプ 250グラム 4.5ドル

 

ウィッタカーズチョコレート第2位

ウィッタカーズがキャドバリーよりも「美味しい」のは、本来のカカオの味が分かるチョコレートだからではないでしょうか。

第2位でおすすめなのが、ナッツ系のチョコレート。

その中でもダークアーモンドチョコレートは私は大好きで、危険なほどリピ買いをしています。

 

ダークアーモンドチョコレートに使っているカカオの量は62%で、かなりビターに近いのが「大人の味」で、これがクセになるんです。

アーモンドもかりっとしていて、たくさん入っています。

250グラム入り 4.5ドル

 

ウィッタカーズチョコレート第1位

そして第1位は、フェアトレードのダークガーナです。

72%ココアが使われていて、チョコレート本来の味がたぶん一番楽しめるのがこれだと思います。

かなり苦味もあるので、お土産としてもしビター系が好きな方だったら、是非これを選んであげましょう。

ダークチョコレートでもカカオ70パーセントを含むものは、健康効果も最近ではよく知られてきているようで、お土産には喜ばれる一品だと思いますよ!

 

スポンサードリンク

ニュージーランドのスーパーで買えるお菓子は他に何がある?

ニュージーランドのスーパーで、他に「美味しくて」おすすめというものもついでにご紹介しますね。

【ローストカシュー・チリ&ライム味】

150グラム入り 5ドル

 

ローストカシューにエスニック風味を加えた、「おつまみ系」のお土産にぴったりな一品。

ピリッと辛いライム味のスパイスが、あとを引きます。

 

【ポテトチップ コッパーブランド シーソルト】

150グラム入り 3.5ドル

ポテトチップス売り場も非常に広くとってあって、いかにニュージーランド人がポテトチップ好きか伺い知れるんですが、

非常にしょっぱくて、日本人には食べにくいブランドもあるなか

コッパー・ケトルのシーソルト味は、なかなか美味しいです。

ポテトそのものもパリッとしていますし、日本に持って帰って崩れてしまう恐れがなければ、一押しのお土産にしたいくらい。

ブルーバードというニュージーランドのメーカーが出している「ちょっぴり高級志向」なポテトチップスです。

 

まとめ

チョコレートの一押しは「ウィッタカーズ」というメーカーのものです。

種類がたくさんあるので、色々買っていっても面白いかも知れません。

いかがでしたでしょうか?

何か気になるお菓子がありましたか?

お土産選びの参考にしていただければ幸いです。

-お土産
-

執筆者:


  1. 真逆 より:

    土産にもっと甘くないチョコを持ってきてくれと日本から頼まれてますが今度ダークガーナを試してみますかね。

    姉妹ブログからのリンクで:が無いからエラーになりますよ。

    • newzealandetc より:

      真逆さま
      コメントありがとうございます。
      リンク確かめたらhttpの前になぜか//がついていました。
      教えていただかなかったら永遠に気付かなかったかも^^;
      ありがとうございました。

      ダークガーナはコーヒーに私は合うチョコだなぁと思ってます。ビターがお好きなら是非です\(^o^)/

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニュージーランドのスーパーで買えるお土産にしたいお菓子【4選】

ニュージーランドからお土産を持って帰るときに、お土産屋さんで買うのもいいけれど、ちょっと高くて予算が心配・・・という人は是非現地のスーパーに足を運んでみましょう。 そしてお菓子売り場にGO! このペー …