ニュージーランド観光

ニュージーランドの5月の服装でクィーンズタウンやミルフォードサウンドは?

投稿日:

ニュージーランドの季節は日本と正反対で、5月、6月、7月と徐々に寒さを増して冬に突入します。

今回は、旅行でニュージーランドに訪れる人が、5月にどんな服装を準備すればいいのか、おすすめをお伝えします。

スポンサードリンク

ニュージーランドの5月の服装は?

この記事を書いているのは5月の真っ只中ですが、北島に住む筆者が、今日なにを着ていたか振り返ってみますね。

北島というと、割と気温もおだやかなんですが、朝晩はとても冷えて寒いんです。

 

【朝】パジャマ→フランネル生地のパンツと、上はコットンのトレーナー

朝起きたら外に停めていた車の窓は真っ白になっていましたよ。

でもまだ氷つくほどではありません。

【起きてから】パジャマの上からモコモコブーツ(家のなかが寒いので)、フリースのガウン

【仕事】通勤は車ですが、朝は足元が寒いので足元暖房を入れています。

そのときの服装はTシャツ、ポリエステルのパンツ、長袖のカーディガン

途中で暑くなって半そでになりました。12時から2時ごろはぽかぽか陽気になります。

【夜】日が落ちると風も冷たくなり、夜、Tシャツの上からフリース、スェットパンツ

という具合でした。

 

このように1日で「冬→初夏→冬」と、気温の寒暖が非常に大きいのがニュージーランドの気候の特徴です。

5月はいわば秋も深まる紅葉の季節。

ニュージーランドは縦に長い国なので、北と南では、日本の九州と青森ぐらい気候が違うので注意しなくてはいけません。

ではそれぞれの地域での服装のオススメを見ていきましょう。


クライストチャーチ

クィーンズタウン

ミルフォードサウンド

オークランド

周遊の場合は、南島の山間部を周って、最後にオークランドに立ち寄るということが多いと思います。

南島から北島を周遊する場合、おすすめは竹の子の皮のように、どんどん脱いだり着たりできる重ね着が非常に便利で、おすすめです。

 

クライストチャーチの服装は?

5月の気温 1℃~26℃

寒暖の差が非常に大きいので、重ね着しか考えられないくらいですね。

天気によっても体感温度が変わりますので、

全天候に対応できるように、

Tシャツ→トレーナーなど→パーカー→ダウン

といった形で調整していきましょう。

 

クィーンズタウンでの服装は?

5月の気温 -3℃~18℃

「昼間」と「夜」では、雲泥の差ですので、やはり重ね着の用意をしていきましょう。

昼間は太陽が出ていれば、ぽかぽか感じるかと思いますが、半そでの人はほとんどいません。

クィーンズタウンの町は湖からの風がかなり冷たいのもあって、

冬物のジャケット、
フリース
アノラック
薄手のダウンなどを昼間でも着ている人が多いです。

ただ中には、薄手のTシャツなどを着ておき、太陽が出て暖かくなったらジャケットなどを脱げる体制にしておくのがおすすめです。

夜は非常に寒くなります。なので重ねて十分に暖かくできるフリースやダウンを是非お持ちください。

 

スポンサードリンク

ミルフォードサウンドの服装は?

5月の気温 -1℃~17℃

ミルフォードサウンドではクルーズで観光をされると思いますが、

船に乗る際には、海風が冷たいのと、滝に近づいてしぶきで濡れることもあるので、雨用のパーカーなど風と小雨をさえぎるものの他、中には体温を逃さないようなフリース生地のものを着て、寒さ対策をしましょう。

日が照ってきて暖かくなったらそれらを脱げるように下にはTシャツを。

またミルフォードサウンドでは年間を通じて「サンドフライ」対策が必要です。

船着き場のサンドフライは、日本のやぶ蚊の大群に襲われるような感じだと思ってください。

虫除けスプレーをお忘れなく。

 

オークランドの服装は?

5月の気温  11℃~23℃

オークランドまで北上すると、ぐぐっと気温があがるのが分かりますね。

南島で必要だったパーカーやフリースの重ね着は、オークランドだったらまだ必要がないかも知れません。

朝晩はかなり気温が低くなる日もありますので油断はできませんが、南島に持っていく服装ほどは厳重な寒さ対策はしなくて大丈夫です。

 

まとめ

ニュージーランドの5月の服装を、メジャーなスポット別にまとめました。

重ね着が基本で、南島では夜間は特に零度になる可能性もあるということで、十分温かい服装を持っていきましょう。

オークランドではそれほど寒くないですが、朝晩は冷えますので油断しないでくださいね。

-ニュージーランド観光
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニュージーランドで運転するときの注意(暗黙の100キロルールとは!?)

こんにちは!ニュージーランドハミルトンからお届けするひつじのブログです。 さて今日は、いまから観光シーズンを迎えるニュージーランドでレンタカーを借りて旅しようと考えている勇者さんたちのための記事です。 …